森 翔太朗

施工管理東海大学出身

入社するまでの経緯

公務員試験を受けていたのですが、消防士・警察どちらも試験に落ちてしまいました。

就職活動ができていない中、先が不安になっていたところゼミの教授が戸田道路の会長と知り合いで紹介をしてくれました。先生もおすすめをしてくれたことと、学んできたことを活かせると思い入社を決意しました。


戸田道路で働いてみて感じる会社の魅力

一言で言うと、「新入社員でも意見が通る 」会社です。今で現場は3箇所目ですが、先輩に比べると経験が浅い自分でもわかることやできることについてはしっかり意見を伝えるようにしています。

意見が通った例として材料の搬入の際、作業の効率を良くしたいと思い、搬入の手順の提案をしたことがあるのですが、その提案に所長が賛成をしてくれ、作業に意見を取り入れてくれたことがあります。僕は、できることなら力を使うべきでない部分を減らし、効率的に作業をしたいタイプで、それが発揮しやすい環境だと個人的に感じています。


仕事の中でおもしろいと感じること

職人さんとの交流ですね。職人さんの方が現場での知識をたくさんもっています。材料の名前を覚えたり、実際街の工事を見かけると、これはこの道具だな、と思い出すと自分の知識が身についてきていると実感して嬉しくなることもあります。

職人さんから教わった丁張り。これはどんな風に使うのか、と質問をすると実演して丁寧に教えてくれる優しい職人さんが多いです。また、職人さんは30歳〜40歳の方が多いので接しやすいこともありますが、自分は周りの人に恵まれていると感じています。


働く中でぶつかったこと

代表でいうと、夜勤の体調管理ですかね。今担当しているのは日中での作業なのですが、2つ目の現場は夜勤でした。書類の作成等もあるので、早朝に帰宅するという生活が7ヶ月ほど続きました。

今までの習慣の影響で、普段の寝る時間になると、眠くなってしまうものでなかなか慣れることができなかったです。生活リズムが狂うので、特に体調管理は気にしていました。そんな中でも先輩や職人さんにアドバイスをもらいながら仕事に集中できるよう努力しました。


UPDATE:2018.03.01

Copyright © TODA ROAD Inc. All Rights Reserved.